設立趣旨

Purpose of establishment

セキュアIoTプラットフォーム協議会は 全世界のIoT機器およびサービスに対し 安心・安全な新社会基盤を創出する

2020年までに全世界で500億台以上がネットワークに接続されるIoT機器利用者が、安心・安全にIoT機器やそのサービスを利活用できるよう、全世界標準かつデファクトなセキュリティ基盤を構築する。オープンイノベーションにより、IoT機器の製造段階から、ユーザーのクラウド環境も含めたセキュリティサービスまで包含した標準化の取り組みを推進する。

協議会概要

Consortium Summary

事業

次世代IoTセキュリティ標準の規格化およびデファクトスタンダード化に向けての普及活動

IoT利活用推進および事例構築

共同実証実験(POC)の実施

最新IoT関連情報の発信

設立年月日 2017年4月3日
法人形態 一般社団法人
役員構成
【理事長】
辻井重男: 中央大学研究開発機構 フェロー・機構教授 東京工業大学名誉教授 一般財団法人放送セキュリティセンター理事長
【理事】
佐野勝大:株式会社ユビキタス 代表取締役社長
田口勉:株式会社アイネット 取締役 副社長
藤川春久:セコムトラストシステムズ株式会社 常務取締役
眞柄泰利:サイバートラスト株式会社 代表取締役社長
三木俊明:株式会社ラック 取締役 常務執行役員
【監事】
佐々木良一:東京電機大学 教授、サイバーセキュリティ研究所所長
宗像義恵:ビーグローブ株式会社 代表取締役、元インテル株式会社 取締役副社長
森本登志男:前佐賀県最高情報統括監(CIO)、総務省地域情報化アドバイザー
会費

年会費:20万円

初年度会費は、入会時期によって4期に分けて設定(4~6月入会:20万円/7~9月入会:15万円/10~12月入会:10万円/1~3月入会:5万円)

事務局 サイバートラスト セキュアIoTプラットフォーム推進事業本部内

活動方針

Activity policy

IoTセキュリティガイドラインの標準化/デファクト化に向けて、①オープンイノベーション環境でのIoTプラットフォームの研究・開発 および、②高品質かつ定期的な情報発信を展開。

活動内容:全体図